【販売情報管理】人気POSレジアプリ スマホ・タブレット端末対応

 レジといえば、従来はスーパーマーケットやコンビニで見かけるようなターミナル型(据置型)でした。スキャナーなどのハードウェアが装備され、カスタマイズ可能なソフトウェアが搭載されています。業種や店舗に合わせて柔軟な対応ができる反面、ある程度の設置スペースが必要であり、価格も1台で数十万円と非常にコストが高く、小規模な事業者では簡単に設置できるものではありません。これに代わるものとして近年注目を集めているのが、タブレットに専用のアプリをインストールして使用するタブレット型POSシステムです。本記事では、人気のPOSレジアプリを比較してみたいと思います。

あわせて読みたい
【キャッシュレス決済導入】カード決済端末系の大手4社  店舗にクレジットカードやQRコード決済といったキャッシュレス決済を導入することができるサービスを紹介します。本記事では、専用の決済端末を用いてキャッシュレス...
あわせて読みたい
【iPad比較】POSレジ、キャッシュレス決済にオススメのiPad  POSレジやキャッシュレス決済の導入にあたり、対応しているスマホやタブレットが必要になります。特にPOSレジは、画面サイズや操作性を考えるとスマホよりタブレット...
目次

概要

初期費用月額費用OS モバイル
決済連携(※)
 Airレジ無料無料iOSAirペイ
Square
Square 無料無料iOS
Android
Square
 スマレジ無料無料
~13,200円
※プランによる
iOSSTORES 決済
Square
楽天ペイ
 ユビレジ無料無料
~6,900円
※有料オプションあり
iOS
(iPadのみ)
STORES 決済
Square
楽天ペイ
POS+ 138,000円~
※プランによる
6,000円~
※プランによる
iOS
Android
STORES 決済
楽天ペイ

※大手4社(Airペイ、STORES 決済、Square、楽天ペイ)の対応状況のみ記載。

導入費用・月額費用

 初期費用・月額料金が無料で使えるサービスは、AirレジとSquareです。スマレジとユビレジは初期費用は無料、月額については無料プランと有料プランがあるので、とりあえず無料で使用することができます。しかし無料プランは機能の制限が多いので、「とりあえず試してみたい」は可能ですが「基本料金無料で使い続けたい」は難しいです。POS+(ポスタス)は初期費用・月額料金ともに有料です。

対応OS

 POSレジアプリはほとんどがiPadの利用を前提としているためiOS専用となっており、Android端末で使用する場合はSquareかPOS+となります。

決済サービスと連携したい

 基本的にPOSレジアプリは売上の管理をするものであって決済機能自体は搭載されておらず、クレジットカードや電子マネー決済を導入するためには各種決済サービスと契約する必要があります。ここで重要になってくるのが各種決済サービスと連携できるかどうかという点です。

あわせて読みたい
【キャッシュレス決済導入】カード決済端末系の大手4社  店舗にクレジットカードやQRコード決済といったキャッシュレス決済を導入することができるサービスを紹介します。本記事では、専用の決済端末を用いてキャッシュレス...

 各種決済サービスと連携できていれば、POSレジアプリで商品を登録して合計金額を出した後、決済画面に切り替わるのでスムーズに利用できます。しかし連携できていなければ、端末で決済した後POSレジのアプリを開いてもう一度商品や金額を入力することになるので手間が掛かります。

 この各種決済サービスとの連携に対応しているかどうかという点では、対応しているサービスの数が多いのはスマレジです。

 ちなみにスマレジは、「PAYGATE Station」という専用のマルチ端末(有料オプション)があり、これ1台で主要決済サービス(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済)に対応しています。外部の決済サービスを導入して連携して…という手間を掛けることなく、スマレジのサービス内で一元管理が可能です。

周辺機器

 POSレジアプリ各社は、別途有料でバーコードリーダー、レシートプリンター、レジスターなどが導入できることがほとんどで、業種や店舗形態に合わせて必要な機器を選ぶことができます。

タイプ別オススメ

 個人事業で1店舗運営している場合など、小規模事業者でとりあえず売上管理と決済だけできればいい、という場合にはAirレジがオススメです。Airペイ(クレジットカード、電子マネー)及びAirペイ QR(QRコード決済)という決済サービスも展開しており、これらをまとめて導入することによってAirレジで一元管理が可能です。

 ある程度の規模での運用を目的としており、売上管理だけでなくその他の機能やサービスなどを求めるのであれば、スマレジがオススメです。こちらは月額費用が有料となりますが、複数のプランが用意されておりオプションも豊富です。前述の通り「PAYGATE Station」という専用のマルチ端末(有料オプション)により売上管理と決済を一元管理できます。

 Android端末にこだわるのであればSquareがオススメです。こちらも決済サービスを展開しているので売上管理と決済を一元管理できますが、QRコード決済についてはPayPayのみの対応となっています。また、他社の決済サービスとの連携ができないのでやや不便ではあります。

 大規模法人向けとしてはPOS+がオススメです。POSシステムだけでなく、セルフレジや発券機などにも対応しており、幅広い業種・業態で導入することができます。小売店、飲食店、美容・サロン向けの専用プランがあります。希望が全て叶うのではと思えるほどに色々なサービスが提供されていますが、その分費用はかなり高額です。

 POS+以外はとりあえず無料で登録して試すことが可能なので、実際に登録して使い勝手を確認してみることをオススメします。

あわせて読みたい
【キャッシュレス決済導入】カード決済端末系の大手4社  店舗にクレジットカードやQRコード決済といったキャッシュレス決済を導入することができるサービスを紹介します。本記事では、専用の決済端末を用いてキャッシュレス...
あわせて読みたい
【iPad比較】POSレジ、キャッシュレス決済にオススメのiPad  POSレジやキャッシュレス決済の導入にあたり、対応しているスマホやタブレットが必要になります。特にPOSレジは、画面サイズや操作性を考えるとスマホよりタブレット...

ランキング参加中!



ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次