ポイントを貯めるコツは集約にあり

 皆さんポイントは活用していますか?全国規模のTポイントや楽天ポイントはもちろん、スーパーから地元の商店街まで様々な場所でポイントサービスが導入されています。消費税増税に伴うポイント還元制度の導入や、政府主導のキャッシュレス化促進などによってさらに増えてくるであろうポイントサービス。

 「100円で1ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円分として使える」、「200円で1ポイント貯まり、250ポイントで300円分として使える」、など、ポイントの種類によって還元率や使い方は様々です。

目次

ポイント付与のパターン

※以下、簡単に説明するために税抜or税込、ポイントカードの入会金、キャンペーンによる倍付などは考慮しないものとします。

一般的なクレジットカード

 クレジットカードで一番多いのは、100円の利用で1ポイント貯まるパターン(1%還元)です。

○ポイントで○円分の商品券

 250ポイントで300円の商品券がもらえる場合、250ポイント単位でしか消化できないので、利用頻度が高いお店でないと250ポイント貯まる前に失効する可能性も。

決済方法に制限がある

 決済方法に制限があるパターンで一番多いのは「現金決済のみ」のパターンかと思います。還元率が1%未満ならわざわざポイントカードを作って現金決済をしても損するだけです。クレジットカードや電子マネーを使ってそっちのポイントを貯めた方がいいです。

ポイントの利用方法と有効期限

 Tポイントのように1ポイント=1円で使えるタイプのポイントであれば、適当に貯めておいても会計時に端数をポイントで払う、といった使い方ができるのであまり気にせずともよいのかもしれません。

 しかし「○ポイントで○円分の商品券が貰えるパターン」であれば、利用頻度と金額から計算して、獲得できるポイントの見込みと有効期限を気にしなくてはなりません。失効させてしまったら損をするだけです。

実例

 近所にあるスーパー(フードワン、OKストア)で経験です。

フードワンのポイント制度

 フードワンのポイントカードは200円で1ポイント貯まり、250ポイントで300円分のお買い物券が自動発行され、お買い物券を3枚まとめると1,000円分として使える、ポイントの付与は現金決済のみ、というもの。ちなみに三和とフードワンは同じ会社ですが、ポイントカードは別。

 フードワンにおける買い物については、ポイントの還元率が低いため、ポイントカードは使わずにクレジットカード決済をしています。750ポイントで1,000円分のお買い物券とした場合、200円で1ポイントなので15万円分の買い物をして1,000円分のお買い物券ですが、1%還元のクレジットカードで15万円分の買い物をすると1,500円分のポイントです。

 ちなみに、購入する商品によって買い回りをしているのもあって利用頻度・金額がそこまで高くないので、300円分のお買い物券を3枚貯めるまでに失効してしまう可能性がある、というのもポイントカードを使わない理由です。

OKストアのポイント制度

 OKストアはポイント制度はないものの、食料品については会員カード提示及び現金決済で3%引きです。

 OKストアの場合、ポイント制度がないので単純にクレジットカードを使ってポイントを貯める方向になりますが、食料品に関しては現金決済で3%引きになるので、クレジットカード(1%還元)より現金決済の方が得です。なので、いつも食料品と日用品の会計を分けてもらって食料品は現金決済、日用品はクレジットカード決済にしています。(混雑する時間帯は避けて買い物をしています。)

最後に

 OKストアのようにあえて現金決済を選んだ方が得をするケースもありますが、特にポイント付与において決済方法が制限されている店舗の場合、利用頻度、金額(見込みポイント数)、有効期限を考慮し、あえてポイントカードを作らずにクレジットカードなどを利用してポイントを集約した方が効率的でお得になるケースがあります。

あわせて読みたい
クレジットカードを使ってポイント2重取り!3重取り・4重取りは可能?  クレジットカードのポイントを貯めている方は多いと思いますが、普通に使って貯まるポイントだけではなく、ポイントを2重、3重、場合によっては4重で取る方法もあるの...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次