スポンサーリンク

【MOS】Excel 365&2019で出題される関数まとめ 16種類+α

 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)のExcel 365&2019(一般レベル)で出題される関数についてのまとめです。

スポンサーリンク

出題範囲

 公式サイトによれば、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)のExcel 365&2019(一般レベル)で出題される関数は全部で16種類です。これに加えて、関数を使用する問題として出題されるわけではありませんが、テーブルの集計行で使用されるSUBTOTAL関数があります。

計算を行なうための関数(4種類)

 計算を行なうための関数(4種類)は、[ホーム]タブの[編集]グループにある[オートSUM]ボタンに収録されているので、一度使えば覚えられるかと思います。

SUM(合計を表示)

 SUM関数とは、「セル範囲に含まれる数値を全て合計する」関数です。

構文:SUM(数値 1, [数値 2], …)

AVERAGE(平均を表示)

 AVERAGE関数とは、「引数の平均値を返す」関数です。

構文:AVERAGE(数値 1, [数値 2], …)

MAX(最大値を表示)

 MAX関数とは、「引数の最大値を返す」関数です。

構文:MAX(数値 1, [数値 2], …)

MIN(最小値を表示)

 MIN関数とは、「引数の最小値を返す」関数です。

構文:MIN(数値 1, [数値 2], …)

セルの数を数えるための関数(3種類)

 セルの数を数えるための関数(3種類)は、関数名が全てCOUNTで始まりますが、対象のセルの条件が異なります。

COUNT(数値が含まれるセルの数を表示)

 COUNT関数とは、「範囲内の、数値が含まれるセルの数を返す」関数です。

構文:COUNT(値 1, [値 2], …)

COUNTA(空白でないセルの数を表示)

 COUNTA関数とは、「範囲内の、空白でないセルの個数を返す」関数です。

構文:COUNTA(値 1, [値 2], …)

COUNTBLANK(空白セルの数を表示)

 COUNTBLANK関数とは、「範囲に含まれる空白セルの個数を返す」関数です。

構文:COUNTBLANK(範囲)

判定結果を表示するための関数(1種類)

IF(判定結果を表示)

 IF関数とは、「理論式の結果(真または偽)に応じて、指定された値を返す」関数です。構文の組み方次第で色々できる便利な関数ですが、その分慣れていないと扱いが難しいです。

構文:IF(理論式,値が真の場合,値が偽の場合)

指定した文字数の文字を表示するための関数(3種類)

RIGHT(文字列の末尾から指定した文字数の文字を表示)

 RIGHT関数とは、「文字列の末尾から指定された文字数の文字を返す」関数です。

構文:RIGHT(文字列,[文字数])

LEFT(文字列の先頭から指定した文字数の文字を表示)

 LEFT関数とは、「文字列の先頭から指定された文字数の文字を返す」関数です。

構文:LEFT(文字列,[文字数])

MID(文字列の指定した位置から指定した文字数の文字を表示)

 MID関数とは、「文字列の指定された位置から、指定された数の文字を返す」関数です。

構文:MID(文字列, 開始位置, 文字数)

大文字・小文字を変換するための関数(2種類)

UPPER(全て大文字に変換する)

 UPPER関数とは、「文字列に含まれる英字を全て大文字に変換する」関数です。

構文:UPPER(文字列)

LOWER(全て小文字に変換する)

 LOWER関数とは、「文字列に含まれる英字を全て小文字に変換する」関数です。

構文:LOWER(文字列)

文字列の長さを表示するための関数(1種類)

 フリガナの文字数をカウントする、といった使い方があります。

LEN(文字列の長さを表示する)

 LEN関数とは、「文字列の長さ(文字数)を返す」関数です。半角と全角の区別なく1文字を1として処理します。

構文:LEN(文字列)

文字列を連結するための関数(2種類)

CONCAT(テキスト文字列の一覧または範囲を連結する)

 CONCAT関数とは、「テキスト文字列の一覧または範囲を連結する」関数です。

構文:CONCAT(テキスト1, [テキスト2],…)

TEXTJOIN(区切り文字を使用してテキスト文字列の一覧または範囲を連結する)

 TEXTJOIN関数とは、「区切り文字を使用してテキスト文字列の一覧または範囲を連結する」関数です。

構文:TEXTJOIN (区切り記号、空の文字列を無視、文字列 1, [文字列 2],…)

※空の文字列を無視部分は、TRUE(空のセルを無視)かFALSE(空のセルを含める)

+α(1種類)

SUBTOTAL

 SUBTOTAL関数は、テーブルの集計行で使用される関数です。

タイトルとURLをコピーしました