本サイトはプロモーション(アフィリエイト広告)を掲載しています。

アルバイトとパートの違い

本サイトはプロモーション(アフィリエイト広告)を掲載しています。

 求人情報を見ていると「アルバイト」「パート」「正社員」「契約社員」「派遣社員」といった契約形態が出てきます。今回は「アルバイト」と「パート」の違いについてまとめたいと思います。

目次

法的な定義

 法律上は「アルバイト」と「パート」のどちらも「パートタイム労働者」に分類されるものであり、特に違いは設けられていません。ちなみに「契約社員」や「嘱託」なども基本的に「パートタイム労働者」に分類されます。

パートタイム労働者とは

 パートタイム労働者は「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定義されています。つまり、フルタイムで働く社員に対して、1週間の所定労働時間が短くなる働き方の場合はパートタイム労働者となります。

パートタイム派遣

 パートタイム労働者は勤務先と直接雇用契約を結ぶことが一般的ですが、派遣社員で1週間の所定労働時間が短い働き方として「パートタイム派遣」というのも定着してきています。

世間や企業から見た定義

 法律上は「アルバイト」と「パート」に違いはありませんが、世間や企業の持つイメージとしてはそれぞれ異なるものとなっています。

アルバイト

 主に学生やフリーターを対象としており、任される仕事はマニュアル的な簡単なもので、パートよりも責任がないというイメージがあるようです。

 特に学生の場合は契約期間が短期~中期であり、勤務時間が短い、1週間の出勤日数が少ないというイメージがあるようです。学校が終わってから数時間程度、週に2,3日程度という場合もあれば、土日を使って長時間働く場合もあると思いますが、いずれにしても平均的にパートよりは勤務時間が短いというイメージですね。

 企業側も概ね同じようなイメージを持っていますが、中には高校から大学までずっと同じ場所で働く学生もおり、その場合はバイトリーダーや時間帯リーダー、社員の補佐としてやや責任のある仕事を任せることもあります。

パート

 主に主婦・主夫を対象としており、任される仕事は正社員に近いものがあり、責任のある立場を任されているというイメージがあるようです。

 契約期間は中期~長期であり、「1日の勤務時間が長く、1週間の出勤日数が少ない」もしくは「1日の勤務時間が短く、1週間の出勤日数が多い」というイメージがあるようです。子どもが小さいうちは短時間、子どもが手を離れたので長時間働く、というケースもありますが、いずれにしても平均的にアルバイトよりは勤務時間が長いというイメージですね。

 企業側も概ね同じようなイメージを持っていますが、子どもが小さい場合は突発的な休みが多いため、業務内容としては実質的にアルバイトと同じように扱う場合や、逆に子どもが手を離れていて突発的な休みが少なく労働時間も長い場合は、社員の補佐として責任のある仕事を任せることもあります。また、フリーターの中には限りなくフルタイムに近い状態で勤務する人もいるので、この場合も同様に社員の補佐として責任のある仕事を任せることがあります。

雇用保険による区分

 雇用保険は本来全ての労働者が被保険者になりますが、「適用除外」となるケースがあり、その1つが「1週間の所定労働時間が20時間未満である者」です。これによって、被保険者になる労働者を「パート」、適用除外になる労働者を「アルバイト」と区分している企業もあります。

同一労働同一賃金

 健康保険、厚生年金、有給休暇といった法定福利厚生は要件を満たせばパートタイム労働者でも適用されます。しかし、住宅手当、通勤手当など企業が独自に定めている法定外福利厚生については、パートタイム労働者も対象になる企業もありますが、正社員やその家族のみを対象とするケースが多くなっています。

 本来であれば、同一労働同一賃金の観点から、正社員と同様の働き方をするパートタイム労働者に対して、雇用主は正社員と同等の法定外福利厚生の利用を認めなければなりませんが、正社員とパートタイム労働者で異なる待遇となっているケースがまだまだ多いのが現状です。

まとめ

 法律上は「アルバイト」と「パート」に違いはありませんが、企業によって業務内容や待遇が異なることがあります。仕事を探す際には、業務内容、雇用条件、待遇などを確認して、自分に合った仕事を選ぶようにしましょう。

ランキング参加中!



ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次