【ビジネスマナー】【秘書検定2級】のし袋の種類、上書き、書き方

 のし袋の種類、上書き、書き方についてです。秘書検定2級の勉強の一環でまとめた資料なので、テキストに出てくる内容+α程度であり、あまり細かい内容までは扱っていません。

 当サイトにおける秘書検定2級関連の記事は、「2022年度にCBT試験で受験する」ことを前提に、勉強用として作成したメモをベースに公開しています。試験範囲の変更等には対応していないのでご注意下さい。

目次

のし袋とは

 金銭を入れて相手に贈るための袋を「のし袋」といいます。慶事・弔事ともに使用されるもので、結婚式の場合は「ご祝儀袋」、葬儀などの場合は「香典袋」ということもあります。

のしとは

 のし袋の右肩にある小さな飾りを「熨斗(のし)」といいます。めでたいときに添えるものなので贈答品や弔事用には使用しませんが、熨斗が描かれていない場合でも便宜上「のし袋」(のし紙)といいます。

水引の種類と意味

 のし袋の中央にある飾りを水引といい、結び方によって意味が異なります。

蝶結び

 蝶結びは「何度でも結べる」ため、出産、入学、昇進など、何度あっても良いお祝いごとに用います。

結び切り

 結び切りは「一度結ぶと解けない」ため、一度限りが好ましいお祝い(結婚祝い、快気祝い)と弔事全般に用います。

上書き

 書状や箱などの表面に文字を書くこと、またはその文字のことを「上書き」といいます。慶事のときは濃い墨弔事のときは薄墨で書きます。

慶事の上書き

 慶事の種類によって上書きは色々ありますが、多くの場合に使えるのは「寿」か「御祝」です。

結婚寿御祝、御結婚祝結び切り
出産寿御祝、御出産祝蝶結び
賀寿寿御祝、長寿御祝、祝〇〇(米寿などの具体的な賀寿)蝶結び
転勤・栄転御祝、祝御栄転、御餞別蝶結び
病気のお見舞い御見舞結び切り
病気のお見舞い
へのお返し
快気祝、全快祝結び切り
新築御祝、祝御新築蝶結び
上棟式
棟上げ式
上棟御祝、祝御上棟蝶結び
一般の慶事御祝、祝御〇〇(入学、卒業、開店など)蝶結び
祝い事のお返し内祝蝶結び

弔事の上書き

 弔事の上書きは故人の宗教によって異なります。宗教が不明の場合は共通で使える「御霊前」を用います。

仏式通夜
葬儀
告別式
御霊前、御香典
神式通夜御霊前
葬儀
告別式
御霊前、御玉串料、御榊料
キリスト教式通夜御霊前
葬儀
告別式
御霊前、御花料、御花輪料

寸志

 秘書検定における上書きの問題で出題頻度が高いのが「寸志」です。「謝意や好意を表す」という意味がありますが、「寸志」は「わざわざ志というほどでもない、一寸だけの気持ち」という意味なので、目上のものから目下のものへ渡す場合にしか使いません。一方、「志」は目上や目下に関係なく使うことができるので、「寸志」を用いるケースは少ないです。

 寸志は、「葬儀の際に火葬場の係員や受付のお手伝いを頂いた方々に、心付け(お礼)としてお礼を渡す」際に用いられることが多いため、「寸志=不祝儀」という印象が強くなっていますが、

  • 会合の場において、上司が幹事役に「会費の足しに」といった意味で渡す
  • 歓送迎会において、主賓が会を開いてくれたメンバーにお礼の気持ちとして渡す
  • 新入社員全員に、会社から入社祝を渡す

など、本来の用途としては不祝儀に限りません。ですが、やはり「寸志=不祝儀」という印象が強い以上は、「御祝」や「御礼」といった上書きを用いる方が無難です。

名前の書き方

 単独、連名、部署でまとめて、などのパターンがあります。また、略式として名刺を貼るパターンもあります。

単独・夫婦

連名(3名まで)

 3名までの連名は全員の氏名を記入します。

左上に相手の名前を
記入した場合
左から役職や年齢が上位の順に記入します。
役職や年齢に関係ない場合は五十音順にします。
左上に相手の名前を
記入しない場合
右から役職や年齢が上位の順に記入します。
役職や年齢に関係ない場合は五十音順にします。

連名(4名以上)

 4名以上の連名は代表者の氏名+他〇名の形式で記入します。

部署

名刺

 名前を記入するのではなく名刺を貼り付ける場合もありますが、これはあくまでも略式であることを覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次